六夜様(二十六夜待ち)2010年09月08日 18時00分54秒

二十六夜の月の出。
写真 二十六夜の月の出。
撮影 EOS 50D+EF300mmF2.8L USM+EF×1.4


9月4日は旧暦7月26日にあたる。
二十六夜待ちという江戸時代に各地で行われた月待ち行事のことで、旧暦7月26日の夜に月の出を拝んだと言われ、現在も残っている地域があるという。
呼び名はいろいろらしいが、八丈島の末吉地区では「六夜様」という呼び名で、毎年行事が行われている。

久しぶりに六夜様の月の出を三根の底土港で見た。
六夜様の月の出を三根で撮るよと言うと、三根では見えないよって言われることもあるが、10年ほど前から何度か見たり撮影しているのでそれはない。
要は、月の出の方角が東なので、その時間に東が望めるところならどこからでも見えるはずである。
ただ、三根では六夜様の行事は昔から無かったようだ。

夜中(すでに9月5日)、12時50分頃底土港へ出かけ、三脚にセットして月の出に備えた。
月の出は1時12分、真東にレンズを向けて目を凝らして見ていたが、水平線の雲が厚いようでなかなか出てこない。
待つこと30分、1時45分頃やっと接岸堤の折れ曲がったあたりの上に細い月が出た。
以前に撮影したときの印象より北寄りに昇ってきた。

方位磁石で方角を計ると、80度ほどだった。
真東が90度だから80度というと10度違うため、その角度は無限大の方向ではかなりの差となる。

実物は写真よりも赤みがもっと濃い感じだ。
ろうそくが二本見えるとか、宝船のように見えるとも言われるが、実際にはこんな感じである。
満月の月ではうさぎが餅つきをしているように見えるというのと同じだろう。

Ocean Legend プロジェクト その42009年10月11日 17時20分19秒

写真  八丈島・空間舎イベントでの展示とDuke 金子氏


10月11日八丈島・空間舎さよならイベントに一人乗りアウトリガーカヌーOC-1が展示された。


10月11日八丈島・空間舎で新しく建築中の場所に移転するためのさよならイベントが催された。
会場にはOcean Legend プロジェクトのDuke 金子氏もさんかして、一人乗りアウトリガーカヌーOC-1を展示して、来場者にプロジェクトの説明などをしていた。


台風18号でDuke 金子氏の地元茅ヶ崎市や葉山の海岸や船などにも被害が出たとのことで、急遽一度戻ることになった。

イベントの翌朝、底土港から客船さるびあ丸で一旦帰り、地元の支援者と共に対策を練ることになった。


Ocean Legend

会場でプロジェクトやカヌーの説明をするDuke 金子氏



Ocean Legend

Duke 金子氏が来島以来、ダイビングショップの大石知美ちゃんと一緒に支援活動を行ってきたアロマテラピイ・ショップの玉井由木ちゃんとしばしの別れを惜しむ。


Ocean Legend

さるびあ丸に乗り込むDuke 金子氏


Ocean Legend

出港するさるびあ丸とDuke 金子氏


Ocean Legend

出港するさるびあ丸といつまでも手を振るDuke 金子氏



Ocean Legend プロジェクト その32009年10月07日 19時34分55秒

写真  八丈島・三根小学校での展示とDuke 金子氏


10月7日八丈島・三根小学校の玄関ホールに一人乗りアウトリガーカヌーOC-1が展示された。
授業が終わって、小学生が下校途中で見に集まってきた。
昼休みに見に来ていた子ども達が、示し合わせたようにサインをしてくれと言ってDuke金子氏を取り囲んだ。
大勢の子ども達が列を作って順にサインをもらっていった。
「どこから来たの?」
「どこまで行くの?いつ海へ出るの?」
「これはなに?」とパドルやアウトリガーなどの説明を求める。
その一つ一つに笑顔で丁寧に答えるDukeはたちまち人気者になってしまった。



Ocean Legend

小学生のサインに応えるデューク・金子氏
このあと、数十人の小学生に取り囲まれてサイン攻め、質問攻めにあう。


Ocean Legend

丁寧にサインをするデューク・金子氏



Ocean Legend

デューク・金子氏のサイン
電話をかけるから教えてと言う子に携帯の番号まで書いていた

Ocean Legend プロジェクト2009年10月06日 20時37分57秒

写真  Ocean Legend 2nd STAGE DVD プロジェクターの映像より



10月6日都立八丈高校の海洋科授業でOcean Legend プロジェクトのデューク・金子氏による特別講演が行われた。

同時に八丈高校の校舎内に一人乗りのアウトリガーカヌーが展示された。

大人を対象とした講演の経験はあるが、高校生を対象とした話しは初めてだったと言いながら熱い思いを語って高校生の気持ちをしっかり捉えていた。


Ocean Legend

授業で語るデューク・金子氏


Ocean Legend

一人乗りアウトリガーカヌーOC-1とデューク・金子氏
全長6m、重量20Kgのカーボン製のカヌー
このカヌーで八丈島から江ノ島を漕いで渡る計画が2nd Stage


Ocean Legend

OC-1のアウトリガーと櫂

OCEAN LEGEND 壮大なるプロジェクト!2009年10月05日 17時58分29秒

写真 OCEAN LEGEND ポスター


いま、八丈島のあちこちで見かけるポスターがある。

「そこに海が・・島があるから、海を小出渡りたい。」という熱い思いを抱いた一人の男性、デューク・金子氏が、壮大なプロジェクトを立ち上げて伊豆諸島からさらに小笠原諸島を目指してカヌーで海を渡ろうとしている。

昨日、林冬人写真事務所を支援者と共に訪れその熱い思いを語ってくれた。
また、夜には数人の賛同者と共に飲み、語り合った。

Ocean Legendのプロジェクトの認知度を高め、参加クルーやサポーターを募集している。
その気持ちを伝えるために、昨年 1st Stage として、伊豆大島から葉山までスタンダップパドルボートに立って60Kmを漕いで海を渡ったという。

いま、八丈島に滞在して台風18号の通過と海の静まるのを待って、2nd Stage の計画を実行に移そうとしている。

八丈島~三宅島
三宅島~江ノ島
この間を一人乗りアウトリガーカヌーを漕いで渡ろうという計画。

伴走船や支援者を募りながら、時期を待っているところだ。


OCEAN LEGEND の壮大なプロジェクトに関心のある方はぜひ以下のサイトとブログを覗いてみていただきたい。
1st Stage の映像も見られるこのサイトはプロジェクトの壮大さを見るものに突きつけてくる。

OCEAN LEGEND http://oceanlegend.net/