あいち国際女性映画祭2008で上映・・・2008年07月18日 10時15分05秒

映画「今日という日が最後なら、」から
双子の聖子と舞子が八丈島・底土港に降り立ったシーン
 スチール  林冬人


あいち国際女性映画祭2008で、八丈島を舞台にして作られた柳明菜監督の映画「今日という日が最後なら、」が上映されます。


あいち国際女性映画祭2008公式サイトによると、
女性監督の作品を中心に、日本初公開3本、愛知初公開4本を含む海外作品9本、国内作品では愛知初公開5本を含む6本、日本映画名作6本が上映されるそうです。

「今日という日が最後なら、」は、国内作品で愛知初公開5本のうちの1本として上映されるようです。


映画祭終了後は、9月20日~2週間、名古屋市内の映画館での一般上映がはじまる予定です。


柳明菜監督が自身のBlog柳明菜の日記の「2008/07/18 Fri 八丈島」で八丈島の夏まつりと水海山にについて紹介してくれました。

水海山の処分場建設、水源について八丈島へ見に行きたいとのことです。

映画「今日という日が最後なら、」ロードショー始まる2008年07月01日 23時33分00秒

初日の舞台挨拶。
右から、ヒロ役の俳優・本多章一、エンディングテーマを歌っているサンプラザ中野くん、双子・舞子を演じた映画初出演の柳裕美、同じく双子・聖子の女優・森口彩乃、脚本・監督・編集の柳明菜、双子の幼少期を演じた山下紗由季、双子の母・ゆうこ役の女優・岡田真由子、ヒロの父親を演じた八丈島島民・浅沼穣二。


6月28日から2週間、シネマート六本木 Cinem@rtで映画「今日という日が最後なら、」のロードショーが始まった。


初日は2,3回目の上映はそれぞれ満席となり、暑い熱気の中で柳監督はじめ出演者が舞台挨拶に立った。
映画のエンディングテーマを歌った歌手・サンプラザ中野くんも駆けつけ、挨拶のあとにエンディングテーマを熱唱した。

TOKYOFMの取材2008年06月25日 18時40分58秒

映画「今日という日が最後なら、」のポスター

3日ほど前に届いた正式ポスター
 撮影  EOS Kiss X2  タムロン・AF17-50mmF2.8 XR DiⅡ


いよいよ八丈島で撮影した映画「今日という日が最後なら、」のロードショーがシネマート六本木 Cinem@rtで始まる。
6月28日から始まる上映にあわせてTOKYOFMの番組から23日と24日に八丈島での取材があった。


番組のディレクター・武藤さんとパーソナリティ・藤丸由華さんの2人が来島し、取材に同行した。
この映画のロケ地の選定・案内やスチール撮影を担当したこともあり、柳明菜監督から依頼されて取材先との時間の設定や案内をしたのだ。
八丈島の風景写真を撮り、自然・風景写真のフォトストック、ポストカードの頒布や撮影ガイドなどもやっている関係上、雑誌やパンフレット作りのための写真貸し出し、撮影の依頼などがよく来る。
今回は映画を観て、明菜監督のインタビューを行なった2人が、映画と八丈島に惹かれて「ぜひ八丈島を放送で取り上げたい」との思いから放送と取材を企画したとのこと。


 放送する番組と放送日時は以下の通り。
 ●HeartSharing 6月29日(日)朝6時~6時55分
  http://www.tfm.co.jp/hs/
 6時30分ごろからの、「今日これから楽しめるエンターテイメント」を紹介するコ  ーナーで映画「今日という日が最後なら、」の紹介&柳明菜監督のインタビュ  ー。

 ●Diary Bible 6月30日(月)16時~16時25分
 http://www.tfm.co.jp/diary/
 時代の声を読み解く、20分の報道エンターテイメントのコーナー。
 柳明菜監督のインタビューと、映画にかかわった八丈島の人々の話し。


柳明菜
映画「今日という日が最後なら、」の柳明菜監督・近影
ロサンゼルスの映画祭に出発する直前、渋谷駅ビルのレストランにて
 EOS Kiss X2 EF50mmF1.4 USM


映画撮影の現場
映画撮影の現場
ふるさと村での撮影風景 
 撮影  EOS 30D  EF28-135mmF3.5-5.6 IS USM


取材
「南海タイムス」の社長・苅田義之さんへのインタビュー
八丈島の現状と課題など話は尽きない感じだった
 撮影  EOS Kiss X2  タムロン・AF17-50mmF2.8 XR DiⅡ


取材
め由工房の山下宋さんへのインタビュー
映画にも登場した建物(双子の妹・麻衣子の友達が黄八丈を織っている部屋)でもある、黄八丈民芸館で機織りの音をバックに黄八丈の染めや織りについての話を聞いていた。
 撮影  EOS Kiss X2  タムロン・AF17-50mmF2.8 XR DiⅡ


取材
八丈町商工会で浅沼孝彦会長へのインタビュー
資金や人材、合宿所や食堂など多大なバックアップをした商工会会長と事務局長、八丈フイルムコミッションの人達に映画の成り立ちや援助した思い入れなどを聞いていた。
 撮影  EOS Kiss X2  タムロン・AF17-50mmF2.8 XR DiⅡ


取材
大潟浦園地で八丈太鼓・よされ会の奥山善男さんと山下栄進さんへのインタビュー
映画の八丈祭会場となった大潟浦園地で映画にも出演した奥山善男さんと山下栄進さんの演奏を収録し、インタビューを行なった
 撮影  EOS Kiss X2  タムロン・AF17-50mmF2.8 XR DiⅡ


八丈太鼓
八丈太鼓の演奏
波の音をバックに八丈太鼓・よされ会の奥山善男さんと山下栄進さんの息のあった演奏は取材陣を魅了した
 撮影  EOS Kiss X2  タムロン・AF17-50mmF2.8 XR DiⅡ


映画「今日という日が最後なら、」のポスターとチラシが出来た2008年06月08日 20時42分44秒

写真はチラシの表裏
チラシの表(左側)がそのまま大きく伸ばしてポスターとしても使用されているようだ。
使用写真は全て林冬人撮影。


6月28日から2週間のロードショーシネマート六本木 Cinem@rtが始まる。


今日、やっとチラシのデータが届いた。


作る前にきちんとどの写真を使用するのかなどを連絡してもらうことになっていたが、今回は残念だが守られなかった。
キャプションで撮影者のネームを入れるということも新聞社などに守らせてもらいたいがこれも空約束になっている。
監督自身が全て初めての制作であり何もかも一人でやってきたということもあるが、守るべきことや約束事は厳守して欲しいものだと思う。


ポスター、チラシの印刷物もやっと今日になって送ってくれたらしいのでしばらくすれば届くだろう。
ミスプリントがあって遅れていたらしい。


初日の28日に監督、俳優などの舞台挨拶がある。
初のロードショーだから行くつもりなので、それはそれで楽しみだ。
出演者も一堂に会するのだろうし・・・。

映画「今日という日が最後なら、-Live Free-」2008年03月10日 14時01分59秒

映画の1シーン


 昨年八丈島で撮影された映画「今日という日が最後なら、-Live Free-」。


6月28日から2週間に渡りシネマート六本木 Cinem@rtで上映されることになった。

先日、監督柳明菜から正式に連絡があった。
宣伝担当の会社も決まったようでスチールのセレクトなどを依頼された。

映画を作る課程で撮影地の選定やショートフイルムの撮影など様々なところで関わってきた。
撮影に入ってからはスチールも担当した。


いままでも八丈島での3回の上映を皮切りにいくつかの映画祭やイベントなでも上映され、テレビや新聞、ネットなどマスコミでも取り上げられてきたので、その都度写真を提供してきた。

幕張「アジア海洋映画祭イン幕張」、カリフォルニア州・サンタモニカ、香川県・「さぬき映画祭2007」、隠岐の島・海士町、三浦市・ロック学園、富山市・「富山プロジェクト」などで上映。
今回はその集大成として、映画全体のスチール、撮影現場のスナップなども大量に提供するつもりだ。

そのためのセレクトをもう一度最初からやり始めている。

撮影枚数は約2万カットくらいある。

いままでもかなり整理してまとめてあるのだが、やはりもう一度全ての写真を見直して選ぼうと思う。



関連Web記事、サイトなど・・・覗いてみてください。
「今日という日が最後なら、」八丈島映画応援団・ギャラリー+ジュニア

Ohmy News 記事

富山でシンポジウム 映画とトークショー

「今日という日が最後なら、-Live Free-」予告編ムービー