三原山カルデラを歩く。2012年05月20日 13時21分33秒

晴天の夕方というにはまだ早い時間、八丈島・三原山のカルデラを散策した。
カルデラの森はひんやりとした空気が漂い、まさに森林浴を満喫している感じだ。
森林内を整備するために作られた散策路?を奥へと歩きながら、撮ってみた。
静かな森林内には小鳥の鳴き声が響いて賑やかだが、人には誰にも会うことが無かった。

EOS 5D MarkⅢ+EF24-105mm F4L IS USMと小型三脚を持ち、
スナップ用のOLYMPUS PEN E-P3+シグマ 19mm F2.8 EX DNを下げて歩いた。


森林内を整備するための小径。
カルデラの入り口からしばらくは作られた当時の道幅が維持されている。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

倒木にビロードのような苔とヒトツバ が生えている。
至るところにこうした倒木が朽ちている。

カメラ EOS 5D MarkⅢ
レンズ EF24-105mm F4L IS USM

倒木とその根元から成長した木が苔に覆われて立っている。

カメラ EOS 5D MarkⅢ
レンズ EF24-105mm F4L IS USM

苔生して立つ樹木(スダジイ?)に蔓が巻き付き、ヘラシダが寄生している。

カメラ EOS 5D MarkⅢ
レンズ EF24-105mm F4L IS USM

雨の流れで道が切り崩され、湧き水が流れる小さな沢が出来ている。
小さな水流が削られた穴に溜まり、さらに下へと流れている。

カメラ EOS 5D MarkⅢ
レンズ EF24-105mm F4L IS USM

比較的大きなスダジイに行き当たった。
手前の苔に覆われた木はスダジイのようだが、左奥は別の木だ。

カメラ EOS 5D MarkⅢ
レンズ EF24-105mm F4L IS USM

杉の林と下草のシダ。
入り口近くからしばらくはこうした杉林が続いている。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

杉の木にガクアジサイの葉が影を落としていた。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

苔生した太い木の根元に洞が出来ていた。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

カルデラの奥に進むにつれて道幅が狭くなり、シダをかき分けながら進む。

カメラ EOS 5D MarkⅢ
レンズ EF24-105mm F4L IS USM

散策路に敷かれていた石に、苔が生え落ち葉が溜まりレンズを向けさせる。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

小径の脇にところどころ湧き水が溜まっている。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN
湧き水の水たまりに木洩れ日が射していた。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

木洩れ日の逆光に光るシダの葉。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

カルデラの入り口近くにある小池。
帰りに立ち寄ってみたら、久しぶりに水が溜まっていた。

カメラ OLYMPUS PEN E-P3
レンズ シグマ 19mm F2.8 EX DN

コメント

※現在コメントは受け付けておりません。

トラックバック

※現在トラックバックは受け付けておりません。