六夜様(二十六夜待ち)2010年09月08日 18時00分54秒

二十六夜の月の出。
写真 二十六夜の月の出。
撮影 EOS 50D+EF300mmF2.8L USM+EF×1.4


9月4日は旧暦7月26日にあたる。
二十六夜待ちという江戸時代に各地で行われた月待ち行事のことで、旧暦7月26日の夜に月の出を拝んだと言われ、現在も残っている地域があるという。
呼び名はいろいろらしいが、八丈島の末吉地区では「六夜様」という呼び名で、毎年行事が行われている。

久しぶりに六夜様の月の出を三根の底土港で見た。
六夜様の月の出を三根で撮るよと言うと、三根では見えないよって言われることもあるが、10年ほど前から何度か見たり撮影しているのでそれはない。
要は、月の出の方角が東なので、その時間に東が望めるところならどこからでも見えるはずである。
ただ、三根では六夜様の行事は昔から無かったようだ。

夜中(すでに9月5日)、12時50分頃底土港へ出かけ、三脚にセットして月の出に備えた。
月の出は1時12分、真東にレンズを向けて目を凝らして見ていたが、水平線の雲が厚いようでなかなか出てこない。
待つこと30分、1時45分頃やっと接岸堤の折れ曲がったあたりの上に細い月が出た。
以前に撮影したときの印象より北寄りに昇ってきた。

方位磁石で方角を計ると、80度ほどだった。
真東が90度だから80度というと10度違うため、その角度は無限大の方向ではかなりの差となる。

実物は写真よりも赤みがもっと濃い感じだ。
ろうそくが二本見えるとか、宝船のように見えるとも言われるが、実際にはこんな感じである。
満月の月ではうさぎが餅つきをしているように見えるというのと同じだろう。

コメント

※現在コメントは受け付けておりません。

_ 癒香 ゆき ― 2010年09月27日 23時49分05秒


冬人さん  こんばんは!!
久しぶりに覗かせてもらいました(*^^)v

六夜様が 底土から見れるなんて
衝撃的な事実ですよ~~(>_<)

末吉在住の頃は 毎年恒例の行事でしたが
三根に越してきてからは なかなか・・・でした

末吉の頃に一度だけ それらしき月を見たので
いつかまた見てみたいとの願望はありました!!
来年 底土からトライしてみます!!

それにしても 難易度高い この月を
見事に捉えてますね
嬉しいです  ありがとう 冬人さん!!

_ フィット ― 2010年09月28日 11時24分54秒

>ゆき
底土港や三根からも東向きのところからなら六夜様の日の月は見られるよ。
ただ行事としては末吉にしか伝わっていないようだから、正確には二十六夜の月になるのかな?

トラックバック

※現在トラックバックは受け付けておりません。