満月の登竜峠の展望 22010年08月27日 21時19分09秒

写真  登竜峠の展望 満月の夜景
撮影  EOS 5D MarkⅡ EF17-35mmF2.8L USM

昨日の続き。
月を入れないで撮った写真。
約2分のBulb撮影。

明け方近くになり(4時20分頃)雲が少し出てきて、写真に表情が出来た。
離島・八丈島だが、街の明かりは思った以上に明るい。
以前、節電ということで街路灯も半分消されたりした時期もあったが、いまは煌々と夜中中ついている。

しんべた山から 八丈島全景(中心地)2010年08月27日 22時27分18秒

八丈島中心地全景
写真  八丈島中心地全景
撮影  Canon EOS 5D MarkⅡ   Canon EF24-105mm F4L IS USM


三原林道からしんべた山へ登る途中の開けたところから八丈島の中心地(坂下)全景が眺望できる。
よく似た景色で有名なのが登竜峠の展望だが、こちらのほうがより町に近づいて眺望も開けている。
道が分かりにくいため、町の人でも知らない人は多いと思う。


しんべたとは八丈島でお尻のことを言い、町から見た山の形が似ているということからしんべた山と言って親しまれている。
しんべた山のすぐ下には大川が流れており、大川水源という三根あたりの水道水源となっている取水場がある。
いま工事が進んでいる水海山最終処分場からわずか2.3Km離れたところにあり、しんべた山には昔から湧水が大量に出ているところがあり、その水も大川水源に流入しているのではないかと言われている。
処分場で事故が起きたときには、同じ火山体に属する水海山と大川の地下水脈がつながっている可能性もあり、大川水源に何らかの影響が出るのではないかと心配されている。



八丈小島を望む
八丈小島と八丈島空港、滑走路を望む。
八丈小島や市街地の家などもかなり近くに望むことが出来る。

撮影  Canon EOS 5D MarkⅡ   Canon EF24-105mm F4L IS USM




八丈小島を望む
三根の市街地と神止山を望む。
三根の市街地の家々、富士の裾野に盛り上がっている神止山を近くに見ることが出来る。

撮影  Canon EOS 5D MarkⅡ   Canon EF24-105mm F4L IS USM



八丈小島を望む
三根の市街地と神湊港を望む。
三根の市街地の家々、島で一番大きな漁港・神湊港を望む。

撮影  Canon EOS 5D MarkⅡ   Canon EF24-105mm F4L IS USM


八丈小島を望む
底土海岸と底土港を望む。
八丈島の海の玄関口・底土港がかろうじて見られる。

撮影  Canon EOS 5D MarkⅡ   Canon EF24-105mm F4L IS USM