夏、真っ盛り2008年08月09日 21時07分04秒

 8月5日の午後、都市計画道路(通称・18m道路)にて。
 道路の両側に八丈島の夏を象徴する真紅ののハイビスカスが咲き、ビロウ並木の上に白い雲が浮かんでいた。
 道路の奥に見える三原山の上には夏の入道雲が・・・。
 撮影 EOS 40D シグマ・10-20mm F4.0-5.6 DC /HSM


7月からずーっと雨が降らない・・・。
8月に入ってから一度だけ夕立があったが、とてもお湿りとも言えない程度の雨だった。
晴天の続く夏日に少しずつ夏の八丈島らしい表情を撮ってみた。


底土海岸海水浴場
8月6日午後1時過ぎ頃の底土海岸海水浴場
少し観光客も来ているようだった。
撮影 EOS 40D シグマ・10-20mm F4.0-5.6 DC /HSM


洞輪沢の海
8月7日午前10時過ぎ、末吉・洞輪沢の海にて
岩で囲まれた穴場の海岸だが、子供連れの人達が5,6人来ていた。
撮影 EOS 40D シグマ・18-200mm F3.5-6.3 DC OS /HSM

底土海岸海水浴場
8月7日の朝、底土海岸にて。
まだ泳いでいる人は少なかった。
撮影 EOS 40D シグマ・10-20mm F4.0-5.6 DC /HSM


底土港
8月9日の朝、底土港接岸堤に着いたかめりあ丸から大勢の人が降りてくる。
夏真っ盛りに訪れる観光客や帰省客。
撮影 EOS 40D シグマ・10-20mm F4.0-5.6 DC /HSM



八丈島・垂戸海岸の朝焼け2008年08月26日 10時40分32秒

垂戸海岸の朝焼け
撮影 EOS 40D シグマ・10-20mm F4.0-5.6 DC /HSM  5時29分



やっと夏の忙しさも終わり、ちょっと余裕が出てきた。


久しぶりに早朝の撮影に出かけた。
八丈富士に登るつもりでいたが、山が雲で覆われていたのでやむなく海岸に出た。
まだ日の出には早い時間だったが、ひんやりとした空気が肌に心地良かった。


上空の雲があっという間に切れて空が広がっていった。
しかし水平線の厚い雲はそのままで、日の出は雲の上からぽつんと出始めみるみるうちに強い光になっていった。

八丈島・夏の終わりに スクエアーフォーマットで・・・2008年08月28日 14時20分51秒

汐間の瀧
サーフィン、ボディボードの若者で賑わう汐間海岸の崖から落ちている瀧
 撮影  RICOH R8


いつもの年だと20日を過ぎると八丈島にも夏の終わりを思わせる日が訪れる。
今年の夏は台風の直撃もなく雨も降らなくて異常に暑い夏だった。
例年30℃を超える日は珍しいのだが、今年は連日30℃を超える日が続いていた。
もう8月も終わろうとしているが蒸し暑い日が続いている。
夜になれば涼しくて、戸を開けて寝てると風邪をひきそうだが、日中はまだまだ蒸し暑い。
そんな夏の終わりにスナップしたコンパクトカメラで撮った写真を載せてみる。
常時腰にぶら下げているお気に入りのデジカメRICOH R8で夏の終わりを撮ってみた。
マクロ撮影(ISO400)以外はISO感度をISO100、ISO64に設定して撮影。


垂戸海岸の朝日
垂戸海岸の朝日
久しぶりに朝日の撮影をした垂戸海岸にてスナップ
 撮影  RICOH R8



藍ヶ江港
藍ヶ江港
港の下方から三原山方面を仰ぎ見る。
船だまりでは島の子供や観光客が20人ほど泳いでいたり、銛で魚突きをしている人もいた。
防波堤では汗だくの釣り師が竿を出していたが釣れている様子はなかった。

 撮影  RICOH R8



藍ヶ江港の波
藍ヶ江港の波
港の防波堤上から外海の岩に打ち付ける波。
海の碧さが印象的だ。
 撮影  RICOH R8


電波塔?
国土交通省東京航空局の電波塔
飛行機の航路に関係するレーダーらしい?
近くにある新しい散策路「沢の小道」の帰りに寄ってみた。

 撮影  RICOH R8


苔の水玉?
苔と水玉
三原山で苔に着いた水玉をマクロ撮影
三原山山麓の散策路「沢の小道」で撮った。

 撮影  RICOH R8 マクロ


ヘゴシダ
ヘゴシダ 三原山にて
30年前に人工的に植えられたヘゴシダの林

 撮影  RICOH R8


朝の雲
朝の雲
都市計画道路で車を駐めてスナップした朝の雲

 撮影  RICOH R8