あいち国際女性映画祭2008で上映・・・2008年07月18日 10時15分05秒

映画「今日という日が最後なら、」から
双子の聖子と舞子が八丈島・底土港に降り立ったシーン
 スチール  林冬人


あいち国際女性映画祭2008で、八丈島を舞台にして作られた柳明菜監督の映画「今日という日が最後なら、」が上映されます。


あいち国際女性映画祭2008公式サイトによると、
女性監督の作品を中心に、日本初公開3本、愛知初公開4本を含む海外作品9本、国内作品では愛知初公開5本を含む6本、日本映画名作6本が上映されるそうです。

「今日という日が最後なら、」は、国内作品で愛知初公開5本のうちの1本として上映されるようです。


映画祭終了後は、9月20日~2週間、名古屋市内の映画館での一般上映がはじまる予定です。


柳明菜監督が自身のBlog柳明菜の日記の「2008/07/18 Fri 八丈島」で八丈島の夏まつりと水海山にについて紹介してくれました。

水海山の処分場建設、水源について八丈島へ見に行きたいとのことです。